アダルトチルドレン(AC)とは?6つのタイプの特徴

交差点
アダルトチルドレンとは、もともとはアルコール依存症の親のもとでで育ち、その体験が成人になってもトラウマ(心理的外傷)として残っている人を指す言葉でしたが、現在はアルコール依存症だけでなく、虐待や過干渉、愛情不足などの機能不全家庭で育った人を広く指すようになりました。

そういった環境とは一切関係なく過ごしてきた人たちには、言葉のイメージから「大人びた子ども」あるいは「子どもっぽいまま大人になってしまった人」などと誤解されがちです。

アダルトチルドレンには、破滅的、完璧主義、人間関係の構築が不得意といった特徴があり、実生活において常に悩みや苦しみを抱えています。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

親からの愛情を得るために自分を演じる

機能不全家庭で生活する子どもは、親の愛情を得るために「いい子」を演じたり、必要以上に「ひょうきんで明るい子」を演じたりします。

親からの愛情というものは本来、子どもへ無条件に注がれるものです。
しかし毒親の場合、いい子にしていないと愛さない、親の機嫌が良くなければ愛さないなど、無条件であるはずの愛情が条件付きになります。

子どもは親の顔色を窺い、親の意向に沿い、親との関係を維持するために生きるようになってしまうのです。

このような子どもたちの、家庭内での行動(役割)には、主に次のような6つのタイプがあるとされています。

ヒーロー(優等生)

優秀な子、しっかりした子でいることで評価を得ようとし、親から頼られることで家族のバランスを保とうとしている。

家族の期待を一身に背負い、目標を達成しても更に上を期待されてしまう。また、完璧主義であることも多い。

生真面目で努力家だが、自分に依存的な人を選んでしまう一面もある。

スケープ・ゴート(問題児)

家でも学校でもトラブルを起こす。
攻撃的に振る舞って反感を買い自分の存在を主張すると同時に、そうすることで家庭の問題から目をそらす役割を持っている。

行動に反して罪の意識や心の傷が深く、いじめのターゲットにもなりやすい。

自己評価が低く自暴自棄になり、年少妊娠や犯罪、自傷行為に至る傾向もある。

ロスト・ワン(いないふり)

ロスト・チャイルドともいわれる。
存在しないふりをして、家庭内での争いの火の粉が自分に降りかかるのを防いだり、自分が受けるべき注目や愛情を他人にまわして「あの子は放っておいても大丈夫」だと家族を安心させる。
しかし内面的には「自分は重要でない」「どうでもいい」とひどく孤独感を味わっている。

手がかからない「いい子」という点ではヒーロー(優等生)と似ているが、優柔不断、「NO」と言えない一面を持つ。

ピエロ(ひょうきんもの)

おどけて家族の緊張感を和らげたり、問題を分散させるために注意をそらす役割。親のペットのような存在。
一方で、落ち着きの無い行動をとり情緒不安を内面に抱える。おどけた仮面を被って不安を隠してきたタイプ。

頭の回転が速く、ユーモアに富んでいるため人当たりが良いが、自己評価が低くストレスを発散させることが苦手で、ヒステリー寸前まで抱え込んでしまう場合もある。

リトル・ナース(世話役)

ケア・テイカー、イネイブラー、プラケーターともいわれる。
「優しい子」「思いやりのある子」として親の愚痴を聞いたり面倒を見る調整役。

自身のことはそっちのけで家族のために何かしなければと奔走し、常に自分を失っている状態であるため、自分のしたいことや感情が分からない傾向にある。

聞き上手で責任感があり、困っている人を放っておけない性格から、依存されることを追い求めるようになってしまうことも少なくない。

プリンス・プリンセス(意思のない人形)

自分の意思を持たず、周りの望むとおりに生きることで愛情を得ようとするタイプ。

親にとって都合のいい人格や意思を持つことしか許されず、「親の望んだ通りにしないと嫌われる」という恐怖心を常に抱えている。

常に本当の人格を否定され続けるため、自分の考えに自信を持てず、周りに流されることが多い。

他者に合わせること、指示をこなすことが得意。

スポンサーリンク

親の子育て(考え)が子どもの思考癖となり、子を支配していく

幼少期から不健全な環境で成長した子どもは、成人してもその精神的支配から逃れることが出来ません。

兄弟がいる場合はそれぞれが役割を分担し、一人っ子の場合はで全てのタイプを担うことになります。

第三者からは何ら問題のない「普通の家庭」に見えるにもかかわらず、本人は満足することも、自分の存在を肯定することもできずにどんどん追い込まれていく。
さらに、親を悪く言ってはいけないという世間の固定観念によって、ひとりで抱えるほかなくなる。

これが機能不全家庭という問題の、解決の難しさではないかと考えます。

もし子ども時代にその不健全さに気付くことがなくても、社会に出ると、自分の社会不適応性を否応なく思い知らされます。

幸せな子ども時代を、我が子に提供出来ない親の責任は大きいと感じずにはいられません。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

フォローする