毒親一覧

スポンサーリンク
ビッグバナー728×90

親子関係が悪くなる原因は?親との不仲は人間関係にも影響を与える

子供はもともと、親に対して「好き」という気持ちを持っています。子供が親のことを嫌いになったとき、私はその原因が子供自身にあるとは思いません。親が子供から「好き」を奪っていくのです。親子関係が悪くなる原因や、子供から嫌われる親の行動についてまとめました。

話が通じない・話し合いや相談ができない毒親

学生の頃はまだ、母に自分の気持ちを分かってもらいたいと思っていたため、どうしたら分かってもらえるだろうと悩んだりもしました。今では無駄なことにエネルギーを使ってしまったなと感じたりもしますが、親に自分を理解してもらいたいと思うのはごく自然なことだと思います。

片方が毒親ならもう片方もやっぱり毒親だと思う

母は父に依存していて、私が父の前でどれだけ泣いていようが助けてくれたことはありません。割って入れば母が暴力をふるわれるのは目に見えていたので、私も助けを求めたことはないのですが、今にして思えば、私や弟は生け贄のような存在だったのかもしれません。

幼少期に親からされたことは子供ではなく親に責任がある

幼い子供にとって親の存在は世界のすべてであり、自分を守り育てている親のすることは正しいと信じています。イヤイヤ期も反抗期もいずれ自立するために必要なことですが、毒親はそれを許しません。押さえつけられたストレスは表面上見えなくても、子供の中でくすぶっています。

娘には厳しく息子には寛容な母親の姉弟差別

母は私よりも、弟を可愛がっています。娘には過剰な期待をした挙句、自分の敷いたレールから外れると怒り狂い、暴力をふるうこともありました。とはいえ、自分が常に正しいと思い込んでいて基本的に子どもの話を聞かない人なので、今は息子からも嫌われています。

なんでも学校のせいにしてクレームをつけるモンスターペアレント

モンスターペアレントは、学校に依存しています。本来なら家庭ですべき教育を学校に押し付け、問題があれば学校のせいにし、子どもの特別扱いなど無理な要求をしたりします。父も母も、常に自分が正しいと思っていて、人の話を聞かず、すぐに感情的になるタイプでした。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)