節目節目で人間関係をリセットしたくなる

線路
中学を卒業してから、節目節目で人間関係をリセットする(リセットしたくなる)ようになりました。

今思うと、両親の離婚に伴い中学を転校したのがきっかけでした。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

人との間に壁をつくる

私が人との間に壁を作るようになったのには、いくつか理由があります。

環境に対するマイナスの感情

両親が離婚することが決まったとき、当時の私は「ようやく父親から解放される」「これからは怖い思いをしなくてもいいんだ」と、嬉しい気持ちも確かにありました。

しかし、マイナスの感情の方が大きかったように思います。

  • 転校したくない、寂しい
  • どうしてこんな両親のもとに生まれてしまったのだろう
  • 私がいなくなってもこれまで通り学校に通い、「普通」に暮らしている友達が羨ましい

時間が経つにつれ、前の学校の友達とは共通の話題が少なくなり、疎遠になっていく寂しさも加わり、仕方のないこととは分かっていながら、このような気持ちを誰にも言えないまま抱え込んでいました。

周囲からの期待

それまで私立の学校に通っていたことから、母や親戚に「公立は低レベルだから」と言い聞かされ、成績優秀であるよう期待されました。

前の学校で成績を褒められたことなんてないのに。

しかし、そう期待していたのは先生方も同じで、わざわざ転校前に、生徒たちに「すごく頭の良い子が来るから」と宣言するほどでした。

転校初日にその話を聞いた私は、軽くパニックだったと思います。

母だけでなく、周囲からがっかりされるのがとても怖かったのです。

それからの毎日は周囲の期待に応えるため、あるいは、期待を裏切っていじめられることを恐れて、本当に必死でした。

期待に応えるため勉強し、いじめられないよう気を遣い、誰にでも話しかけ、優秀で、完璧な生徒をひたすら演じ続けました。

本当の自分を抑え込む日々

母は転校後の私の姿を喜んでいました。

転校前と比べて、一生懸命勉強し、誰とでも仲が良く、部活やイベントにも積極的に参加し、休みになれば友達と遊びに出かける…。

新しい環境で、とても楽しい学校生活を送っているように見えたと思います。

毎日毎日、「絶対にボロを出してはいけない」という強迫観念でいっぱいでした。

「絶対にボロを出してはいけない」とは、つまり自分の素直な気持ちを外に出してはいけないということ。

それは、人と自分との間に壁をつくり、孤立するということでもありました。

スポンサーリンク

「ここは私の居場所じゃない」

努力の甲斐あって、結果的に、完璧な生徒のまま中学を卒業することに成功するのですが、私の中にあったのは「ここは私の居場所じゃない」という気持ちです。

そう思っていなかったら、多分あんなに頑張れなかったとも思います。

転校に対する不本意な気持ちと、友達と別れる寂しさを紛らわせるため、いつしか「ここは私の居場所じゃない」「我慢して耐えれば、また皆のところに戻れる」と思い込むようになっていったのです。

そうすることでしか自分を保つことができず、プレッシャーに押しつぶされていたと思います。

もしかしたら、本当の自分を隠し、完璧な転校性を演じることで生まれた「どんなに仲良く見えても、私の本当の気持ちを知っている人はいない」という寂しさに気付いていないふりをしていたのかもしれません。

スポンサーリンク

リセットのはじまり

卒業式を終えて家に帰る途中、「やっと終わった」と心からほっとしたのを覚えています。

それ以降、節目節目で人間関係をリセットするようになりました。

高校生の私、おしまい。かかわった人たち、ばいばい。大学生の私、おしまい…

私の場合、リセット癖の根底にあるのは「ここは私の居場所じゃない」という気持ちです。

「ここ」ではないどこかに逃げたって、もう「皆のところに戻れる」はずがないのは分かっているのに、ふとした瞬間、そう思いながら生活している自分に気付きます。

自分が今いる場所に、馴染むのが怖いのです。

数年経つと「そろそろ引っ越さなきゃ」と、知っている人が誰もいない土地に行きたくなります。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

フォローする