スポンサーリンク
ビッグバナー728×90

子どもに毒親と言われたら一時的にでも離れた方がいい

「毒親」発言は、親の姿に子どもが長いこと失望してきた結果ではないでしょうか。もし「毒親」と言われ、子どもが既に成人しているなど一人暮らしのできる状態なら、距離をおいて自立させてください。そして、これまで育ててきた見返りを子どもに求めるのをやめてください。

下着や生理用品を買ってくれない母親

「ブラジャーやナプキンを買ってくれない」というのは、毒親あるあるだと言われています。自分の体の変化について誰もが戸惑いや恥じらいを感じる時期に、いちばん身近な存在である母親に何も相談できず、まして罵倒されたりすることは、本当に悲しいことだと思います。

摂食障害チェックリストと周囲ができる対応や配慮

大食いの人は、食べることが好きで、食べたあとは満足感や幸福感があります。それに対して、摂食障害の人は食べたあとに「激しい後悔」を感じることが、大食いの人との決定的な違いとされています。また、「痩せなければいけない」という強迫観念の有無も判断基準になります。

過食・拒食・過食嘔吐を繰り返していた頃

16歳から20代前半まで、摂食障害でした。食べることが嫌いで、誰かと一緒に食事をすることも苦痛でしかなかったのに、人に見えないところで尋常ではないほど食べ物を詰め込み、時には吐き、かと思えば何も口にしなくなり、精神的にもめちゃくちゃな生活を送っていました。

長期化した引きこもりを親子で克服するには

毒親も、毒親に育てられた子どもも、世間体や人の目をとにかく気にする傾向があります。世間体が悪くなることをひどく恐れるため、子どもが引きこもりになった場合、それを隠そうとしてしまうのす。問題を抱え込み、親自身も引きこもりのようになってしまうこともあります。

母親との共依存が息子を引きこもりにする

引きこもりになる子どもの男女比は7対3と、圧倒的に男性が多いことをご存知でしょうか。どうして引きこもりになるのか。なぜこんなにも男性が多いのか。そこには「教育に熱心な母親」の影響があり、母親のエネルギーには、日々の寂しさや不満が隠れています。

毒親育ちの男性の特徴と解決策

毒親育ちについて調べてみると、母親(特に支配型)と娘に関する情報がとても多いと感じます。しかし毒親は娘にばかり影響を与えるわけではなく、やはり息子にも悪影響を与えることに変わりはありません。毒親に育てられた男性には、次のような特徴があります。

眠れないときに嫌な記憶ばかり思い出すのは脳がヒマだから

過去の失敗や、傷ついたこと、悲しかったこと。嫌な記憶ばかりが頭の中でぐるぐるして、暗い気持ちになったり、当時の怒りがよみがえってきて、はらわたが煮えくり返るようになったり。どうしてこんなことになってしまうのか、また、どんな解決策があるのか考えてみました。

DVはなぜ起きるのか?その特徴と心理

DVをする人の性格は、その人が育った環境が大きく関係しています。日常的にDVを目にするような暴力的な家庭環境であれば、子どもはそれが当たり前になってしまいます。また、子ども自身がDVの被害者だったということも少なくありません。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)