肩の力を抜いてリセット症候群を克服する

鶴
人間関係リセット症候群(リセット癖)という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

私自身、つい最近知った言葉なのですが、身に覚えがあってドキッとしました。

調べてみると、「自分のことだ」と感じている人も多いようで、近年のSNS等の普及によって増加の傾向にあるのかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

リセット症候群の特徴と原因

リセット症候群とは、住所やメールアドレスなどの連絡先が変わっても相手に教えない、急にSNSをやめたりブロックしたりする、転職する等、それまでの人間関係を突然断ち切ってしまう癖をいいます。

周りからの評価を気にしすぎたり、気を遣うのに疲れたり、自分を演じるのが嫌になったりしたとき、耐えきれなくなって断ち切ってしまうのです。

また、見捨てられることに強い不安や恐怖を感じ、自分が捨てられる前に(傷つく前に)相手を捨ててしまおうとする人もいます。

自己評価が低く、自分に自信がないため、些細なことで「嫌われているかも」と感じ、居心地が悪くなっていくためです。

そして、自分を知っている人のいない、新しい環境に身を置きたいという気持ち、今の人間関係を清算したいという気持ちが強くなります。

引っ越しや転職と比べて、SNS上の関係は、繋がるのも、断ち切るのもとても簡単です。

日常生活への影響が少ないことも、リセット症候群が増える要因の一つだと考えられます。

リセット症候群で怖いのは、一度リセットすると、何度も繰り返す傾向があるということです。

リセットした後は、これまでの人間関係から解放されて楽な気持ちになりますが、暫くしてまた少しでも自分の理想と違ってくると、もう一度リセットしたくなるのです。

そして繰り返すうちにどんどん癖になってしまい、ほんの些細な出来事でも、何かある度リセットして逃げるようになってしまいます。

後になって元に戻りたいと思っても難しく、後悔するケースも少なくありません。

また、リセット症候群は自分が後悔するだけでなく、相手の気持ちを無視し、傷つける行為ともいえます。

ある日突然、相手にメールが届かなくなったり、SNSでブロックされたりすると、悲しみや戸惑いがあるはずです。

それまで(耐えきれなくなってしまうまで頑張って)大切にしてきた人間関係も信頼も、自ら失う結果になってしまうのです。

スポンサーリンク

リセットしたいと感じたときの対処法

もしリセット症候群をやめたいと思うのであれば、ちょっと肩の力を抜いて、楽に考える練習をするのをお勧めします。

人の縁とは、自分でどうにかしようとしなくても、無理せず続けられるものは続いていき、そうでないものは自然と薄れていったりします。

誰かに捨てられるのが怖いから、寂しいからと思っていても、疎遠になっていくのは「ごく自然なこと」です。

だから「今、無理矢理どうにかしなくてもいっか」と、ある意味適当に(!)なって、本当に疎遠になったときにまた考えればいい。

もちろん、苦痛でしかない関係を嫌々続ける必要はないと思います。

そういう時は突然バッサリ切るのではなく、自分のために元に戻れる道を残しておきつつ、ゆっくりフェードアウトしてみるのもひとつの手かもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

フォローする