いい子症候群一覧

スポンサーリンク
ビッグバナー728×90

「いい子」を演じ続けると人生が苦痛になる

親にとって理想の子供は、親から好かれるために「いい子」を演じています。しかし次第に、演じている自分と本当の自分の間にあるズレがどんどん大きくなっていき、苦痛を感じるようになってしまいます。そして自分のものであるはずの人生に全く楽しみを見いだせなくなります。

「いい子症候群」の子供は「指示待ち人間」になってしまう

毒親育ちの子供は、幼少期から「親の理想の子供」「手の掛からないいい子」であることを強要されています。親の言うことに従わなければ愛情を得られないため、子供は親に好かれようと常に顔色を窺って過ごしています。そのような状態を「いい子症候群」と呼ぶそうです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)