毒母一覧

スポンサーリンク
ビッグバナー728×90

愚痴や悪口ばかり言う母親から逃げる

これまで散々、母親から愚痴や悪口を聞かされてきました。確かに私も、母に仕事の愚痴などを聞いてもらったことがあります。でも、自分がしんどく感じるほど無理して付き合う必要はないのでは、と思い始めました。子どもが親のストレスの捌け口になる義務なんてないのです。

下着や生理用品を買ってくれない母親

「ブラジャーやナプキンを買ってくれない」というのは、毒親あるあるだと言われています。自分の体の変化について誰もが戸惑いや恥じらいを感じる時期に、いちばん身近な存在である母親に何も相談できず、まして罵倒されたりすることは、本当に悲しいことだと思います。

謝らない毒親

「子どもに謝らない」というのも、毒親の特徴のひとつだと思います。毒親は子どもに対して、自分の非を認めないのです。人と関わっていく中で、子どもはこのようなことを学ぶはずです。相手を傷つけてしまったら謝るということ、逆の立場なら、相手を許すということ。

母親から料理を習ったことがない

物心ついた頃から、家で食べるごはんが嫌いでした。母の作る料理が実際どんな味だったのか思い出せませんが、父がいつも「不味い」「下らないもの作りやがって」と怒鳴り食器をしょっちゅう割るので、その様子から、母の料理は不味いものなんだなと思っていました。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)