キラキラネームは一生続く虐待

螺旋階段

キラキラネームだったりDQNネームだったり、最近ではシワシワネームという言葉も聞くようになりましたが、どんなイメージを持っているでしょうか。

私の名前はキラキラネームです。

キラキラネームというより、どちらかと言うとDQNネームかなと思っています。

個人的なイメージでは、どちらも難読であることは共通していて、キラキラネームは音の響きが良いものが多く、DQNネームはキャラクター名など、人名っぽくないものが多い印象です。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

キラキラネームは成長とともに子どもを苦しめる

小学校卒業くらいまでは、自分の名前が「ちょっと変わっていて珍しい名前」であることを、周りよりも少し特別だと感じていました。

父も母も私の名前を気に入っていて、私自身も、誇らしくすら感じていたと思います。

しかし、中学へ入学してからは、一転して恥じるようになります。

中学は小学校とは違ってそれぞれの教科で担当の先生が変わることもあり、名前の読み方を訊かれる機会が圧倒的に増えたからです。

その度、「どうして誰でも読める名前にしてくれなかったのだろう」と煩わしく感じていました。

追い討ちをかけるように、その後キラキラネーム、DQNネームというワードが生まれました。

世間的に流行った名前もあります。

しかし同時に「こんな名づけをする親は教養がなく、子どもが可哀想だ」という風潮もあり、誰でも読める平凡な名前が良かったという気持ちはますます大きくなっていきました。

社会人になっていちばん苦痛だったのが、名刺交換です。

必ず言われる「変わったお名前ですね」「珍しいお名前ですね」という言葉に、どう答えるのが正解か分かりませんでした。

相手に悪気はなかったのだろうと思いますが、面と向かって「へえ〜、キラキラネームですね」と言われたこともあります。

そのため、いつからか相手に聞かれるより先に「変な名前ですみませんw」「読めないですよねw」と自虐するようになりました。

言われる前に言ってしまう方が、ずっと楽でした。

何度も読み方を説明し、何度も傷つかなければ相手に伝わらない名前に、名前としての価値なんて無いのではと、今でも感じてしまいます。

スポンサーリンク

名づけは毒親にとって自分の欲求を満たす手段でしかない

本来名前とは子どもにとって、親が自分のために考えてくれたとても大切なもの、誇れるものであるはずです。

しかしながらそれを恥ずかしいと思わずにはいられない。

自分の名前を恥じることは、親を恥じ、自分そのものを恥じることだと思います。
とても悲しいことです。

子どもの気持ちとは裏腹に、毒親はそこまで深く子どものことを考えてはくれません。
あるのは、自分のエゴだけ。

ここで言えば「誰とも被らないオンリーワンな名前をつけたい」という欲求でしょうか。

世間から見て、その名前がどう映るかなんてお構いなしなので、名前が原因で子どもがいじめられるかもしれない、将来就職関係で困るかもしれないという心配も生まれることはありません。

とにかく自分の欲求が満たされるかどうかが最優先。

さらに、一生懸命考えたオンリーワンな名前が「読めない」と言われようものならキレて手に負えません。

自尊心が傷つくからです。

子どもが改名したいと、これまでの苦労を説明しても分からないでしょう。

苦しむのはいつだって子どもです。

キラキラネームとは、生まれたときから既に始まり、死ぬまで続く虐待といっても過言ではないと、私は思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

フォローする